FC2ブログ

Entries

心を巻き込む渦となれるか?

日本各地で大雨が続き、台風ではないのに避難が叫ばれ、東京に居る身には申し訳ないような?気持ちすら生まれる。
川の流れの恐ろしさは、下町育ちの(葛飾)私にもわからぬではないが、ここ何十年も間近で感じていないこと。

人の感覚はすぐ麻痺する。多くても少なくてもね。だから新しく感じ直さないといけない。その点、この頃のテレビ報道はありがたい面もあります。同じ事を同じ日に何度も何度ももうイイ!というまでやってくれる。どうだ、これが現実だ!しっかり頭に入れろ!ってね。

川の流れの渦を見つめます。怖いけど。このエネルギーは人の作れるものではない。すると渦が見えた。流れではない、さからうような渦。巻いていく形の恐ろしさ?蛇や龍の恐ろしさも巻き込む力?畏敬の念? 人が想像する力を持つならば、これからも忘れてはいけない渦の力。 怖れ敬うという心を忘れ、傲慢になるなかれ。 と、こんな日に改めて思いました。

自分と言う人間に何ができるか?とつい思ってしまうから、焦りもするし、ねたみや嫉みも生まれる。でも何かしたい! なんで自分はこうして生きているのだ? その思いに、渦を重ねてみたら、渦は常に新しい形を作っていて、周りのそのまた周りを巻き込んで
同じ所に居ない。 変化することに憶病になっている自分が見えたと思ったら、もう消えて新しいモノになっている。

そうしていると、オウムの松本死刑囚の死刑執行の速報が流れた。 長い流れを思わなければ。 ただのニュースと聞いてはいけない。 自分の心にも渦があり、渦巻く気持ちが常にあるということを改めて大切に思う。今日一日で7人の死刑執行?

人は何をしているのだろう。 平成という時代の、不安な時代の結末? いや、渦だからこれからの始まりがどこに生れでるのか?

今日も狂言。 落ち着いて行きたい。 でも渦がどう変化するか。 狂言という存在が私をどう巻き込むか? 

足立区演劇連盟公式サイト



にほんブログ村 演劇ブログへ
↑1日1クリックで応援してね!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

yamanaru

管理者ページ

Extra

プロフィール

yamanaru

Author:yamanaru
管理者ページ

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード